スキンケア 美白

セラミドで紫外線から肌を守る予防対策・人型セラミド、非人型セラミド、疑似セラミド特徴と比較

更新日:

こんにちは、今回は、お肌のケアをしつつ紫外線予防について話していきたいと思います。

5月から夏場にかけて紫外線が強くなってきます。紫外線による、シミやシワができ見た目年齢が気になってしまうことでしょう。

Anastasia
夏はこんがり焼きたいけど紫外線が気になりますね!
猫も夏は苦手だニャン!でも適度に日光浴して体にビタミンDを取り入れたい!
カボにゃん

セラミドとは?

セラミドは紫外線を防ぐため主成分の重要な1つの成分です。肌の上層部にある表皮の部分の角質層にありリン脂質二十層を構成するものです。

今回はお肌のケアという視点からの話しなのでセラミドの化学結合や生体成分の側面については触れません。

セラミドと聞くとセラミドの何らかの障害によるアトピー性皮膚炎や紫外線などの異物を肌から守るバリア機能の2つはおそらく聞いたことがあるかと思います。

セラミドはこんな悩みを解決

  • お肌が乾燥する
  • シミやそばかすが気にある
  • 肌のしわが気になる
  • くすみが気になる
  • 日焼けが気になる
  • 肌の潤いが欲しい
  • ニキビがひどい

この記事を読み進めれば皆さまの紫外線に対するお肌の解決に応えられるかと思います。

セラミドの種類

お肌の悩み
大分類として人型セラミドと非人型セラミドそしてセラミドに似た化学合成で生成されて疑似セラミドと分かれます。

注意ポイント


疑似セラミドは具体的にセラミドではありません。


人型セラミドは人の肌のセラミド構造をもと作られて人口創造化合物です。


非人型セラミドは動物性(天然)セラミドと植物性セラミドに分類されます。


種類 構成 主なセラミド
人型セラミド 人肌のセラミド構造から作られたセラミド セラミド1、セラミド2、セラミド3、セラミド4、セラミド5、セラミド6、セラミド6II、セラミド7
非人型セラミド 動物や植物から由来するセラミド 馬セラミド
疑似セラミド 人工的に作られてセラミド構造に似た化学物質  

今回は肌のケアをテーマにしているため肌のケアに効果的なセラミドを選択してその成分について話しを進めていくためすべてのセラミドを網羅した内容にはなりませんのでご理解下さい。

セラミドの一般的な主な働き

それではセラミドの作用について話していきます。

細胞間脂質でできているセラミドは肌の保湿を保ち潤いを与え乾燥肌や敏感肌に効果があると言われます。

しかしながら表皮部分に存在するためセラミドを含む化粧品を使用しても一時的な効果となります。

なので真皮まで本質的に乾燥肌などを防ぐにはヒアルロン酸やビタミンC誘導体を用いたビタミンCを使った化粧品などと一緒に作用することで意義があります。

バリア機能を持つセラミドは紫外線などの刺激物を肌の奥へ侵入すること防ぐ作用があります。

煉瓦を想像してください。煉瓦の一つ一つを積み重ねて塀を作るとき必ず煉瓦と煉瓦の間にセメントを塗布して接着させてますよね?

つまりセラミドは煉瓦と煉瓦接着させる部分の様に肌の隙間を埋め肌のバリア機能としての役割を持ちます。

なので肌の表皮機能を強化する作用として大切な存在です。それでは各種セラミドのついて表にまとめていきます。

人型セラミド特徴

セラミド化粧品の中でもっとも使われているのが人型セラミドです。

人肌のセラミドと同じ構造を持つため安全であり、肌になじみやすいため人型セラミドは多くの化粧品に含まれています。

しかしながら高価であることがデメリットといえます。

人型セラミドのメリット

[icon name="thumbs-o-up" class="" unprefixed_class=""]ナノ化できる技術があるため浸透率が非常に高い。
[icon name="thumbs-o-up" class="" unprefixed_class=""]人肌に存在するセラミドと同じ構造なため安全性が非常にい。

人型セラミドのデメリット


[icon name="thumbs-o-down" class="" unprefixed_class=""]人型セラミドは高価である。
[icon name="thumbs-o-down" class="" unprefixed_class=""]量産できない。

非人型セラミド

非人型セラミドは主に動物性セラミド(天然セラミド)植物性セラミドに大分類されます。

・天然セラミド
天然セラミドで有名なのは馬セラミドで馬の脊髄の部分から抽出され化粧品に配合されます。

非人型セラミドのメリット


[icon name="thumbs-o-up" class="" unprefixed_class=""]人肌に存在するセラミドと構造が類似しているため横に広がる浸透性が高い。
[icon name="thumbs-o-up" class="" unprefixed_class=""]保湿性が高い。アトピー性の肌に適している。

非人型セラミドのデメリット


[icon name="thumbs-o-down" class="" unprefixed_class=""]馬の脊髄や脳が原料となるため金額的に高価になってしまう。
[icon name="thumbs-o-down" class="" unprefixed_class=""]肌への刺激が多少ある。浸透率は人型セラミドに比べ低下してしまう。

植物セラミド

植物性セラミドは米、こんにゃく、大豆、トウモロコシから抽出されたセラミドになります。

植物性セラミドのメリット


[icon name="thumbs-o-up" class="" unprefixed_class=""]肌に馴染みやすく天然素材なため安全性は高いです。
[icon name="thumbs-o-up" class="" unprefixed_class=""]植物性セラミドは金額的にも安価な成分となっております。

植物性セラミドのデメリット


[icon name="thumbs-o-down" class="" unprefixed_class=""]抽出元がアレルゲンがある大豆もあるためアレルギーのある方は要注意

疑似セラミド

疑似セラミドのメリット・デメリット

疑似セラミドのメリット


[icon name="thumbs-o-up" class="" unprefixed_class=""]大量生産が可能なため安価で手に入る。
[icon name="thumbs-o-up" class="" unprefixed_class=""]植物性セラミドは金額的にも安価な成分となっております。

疑似セラミドのデメリット


[icon name="thumbs-o-down" class="" unprefixed_class=""]透率に関しては人型や非人型のセラミドより下がってしまう。

植物セラミドと疑似セラミドの各種メリット・デメリットを踏まえたうえで人型セラミドがいいのではないかと考えます。理由は浸透率と安全性です。

人の肌は大きく脂質と水質とが混在するため両方に親しい両親媒性のセラミドが適していると考えます。

人型セラミドのナノ化製品がありナノ化された微粒子の側面を考慮するとセラミドの効果をよく引き出せると考えます。ここで皆様に是非知っておいてほしいことをお話します。

Anastasia
分子構造をナノ化することで肌への浸透をより深くできるのね!
細菌がビニール袋を通過できる話は聞いたことあるニャン。ビニール袋は分子(穴)が細かいだけで実は穴があるのニャン!
カボにゃん

知ってほしい化粧品を選ぶポイント


人の皮膚は水分の多い層と脂質のある層があります。

例えば、化粧品が水溶性の性質タイプのものなどは皮膚の脂質の層で上手に溶け込まないため乾燥してしまいます。

結果、それより浸透することはナノやイオンといった技術を使わない限り難しいのです。

そして化粧品が油溶性の性質を持つタイプのものは皮膚の水質が多い層(表皮など)で溶け込むのが難しいので浸透するのに時間がかかります。

人型セラミドは人肌にあるセラミドと同じ構造なため肌への刺激やアレルギーの心配などをする必要も他のタイプのセラミドと比較した場合軽減できます。

人型セラミドでナノやイオンといった技術をもつ化粧品は私の知るところでアヤナスがあります。セラミドの量は加齢と共に減少セラミドと年齢による相関グラフになります。次の線グラフをご覧ください。

セラミド含有量の年齢別推移

セラミドの量の減少理由

加齢

生成機能は年を取るごとに減少していきます。なのでセラミドを補うためには年齢が高いほど高濃度のセラミド化粧品を使ったほうがいいと考えられます。

40代50代の方は特に気を付けるポイントでもあります。セラミド生成機能の低下で肌が乾燥しやすくなり、刺激物の影響を受けやすくなります。

するとシミ・シワなどが目立つため老化に拍車をかけてしまいます。なので高濃度のセラミドを化粧品をしっかりと使い悪循環を未然に防ぎましょう。

生活習慣

生活習慣が悪いと肌の角化いわゆるターンオーバーの時にうまく新たなセラミドが生成されません。若い方でも肌質が高齢の方と同じになってしまい、肌荒れやシミ・シワなどの原因にもなります。

なのでしっかりとした睡眠や食事、ストレスを貯めない生活習慣を心がけましょう。

肌への刺激

肌への刺激を与えると表皮にあるセラミドが破壊され本来ある機能が働かなくなります。例えば洗顔をし過ぎたりなどが考えられます。

これら3つの理由は運がいいことに最新技術で開発されたセラミド化粧品である程度改善できてしまいます。セラミドを取り入れ紫外線の悪影響を防ぐセラミドで紫外線から受ける悪影響を防ぐためにはできる限り多くのセラミドを体内に保持することです。

それでは本題の紫外線を防ぐためにセラミドを体内に摂取することを考えましょう。

セラミドを取り入れる工夫

セラミドは表皮部分に存在するため化粧品を用いた外側から取り入れることが大切ですが、サプリメントや食事などを活用して内側からも取り入れることが可能です。

そして健康的な運動をすることにより身体の新陳代謝を活性させセラミドの量を普段より多く生成させることも重要です。

なので化粧品、食事、サプリメント、運動・生活習慣といった重要な項目をしっかりとこなすことでセラミドの量や機能を最大限に活かすことができるのです。

セラミドが多く含まっている食べ物

こんにゃく、ヒジキ、大豆、黒豆、米ぬか、紅茶、わかめ、など。特にこんにゃくはセラミドが多く含まれていると言われサプリの原料としても使われています。

どれもスーパーで買えるようなものばかりなので難易度は低いですね。・セラミドが多く含まっているサプリセラミドサプリで有名なのは小林製薬のサプリメントになります。

主成分がこんにゅやくで安心して飲める錠剤サプリメントになります。飲む肌ケア 60粒 【機能性表示食品】

もしくは米、トウモロコシ、大豆などにアレルギーがある方はこんにゃくを主成分とするセラミドサプリメントもあります。こんにゃくセラミド ピュアセラミド1800

人型セラミドが多く含まれている化粧品▼

アヤナス


◇製造会社:DECENCIA
◇浸透率最高
◇使用期限:開封後6カ月
◇評価:3.4/5.0
◇こんな方にお勧め

小じわが目立つ、
くすみが目立つ、
毛穴が気になる、
ほうれい線が気になる、
たるみ、敏感肌、乾燥肌などが気になる方、
高スペックのエイジングケア化粧品を探している方

+ 成分詳細を見てみる

アヤナス ローション コンセントレート
水、プロパンジオール、ジグリセリン、グリセリン、PPG-24グリセレス-24、セラミド2、コウキエキス、オタネニンジンエキス、紅藻エキス、ビルベリー葉エキス、アルギン酸硫酸Na、ローズマリーエキス、ニオイテンジクアオイ水、ラベンダー花水、フィトステロールズ、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、BG、カルボマー、キサンタンガム、水酸化K、クエン酸Na、クエン酸、オレイン酸ポリグリセリル-2、セタノール、フェノキシエタノール

アヤナス エッセンス コンセントレート
水、グリセリン、ジグリセリン、テトラエチルヘキサン酸ペンタエリスリチル、水添ポリオレフィン(C6-12)、プロパンジオール、BG、水添ナタネ種子油、水添レシチン、PEG-150、ダイマージリノール酸ダイマージリノレイル、セラミド2、コウキエキス、オタネニンジンエキス、紅藻エキス、ビルベリー葉エキス、セイヨウナツユキソウ花エキス、アルギン酸硫酸Na、ローズマリーエキス、ニオイテンジクアオイ水、ラベンダー花水、フィトステロールズ、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、ステアリン酸、ベヘニルアルコール、カルボマー、エチルヘキシルグリセリン、水酸化K、トコフェロール、オレイン酸ポリグリセリル-2、セタノール、クエン酸Na、クエン酸、ペンテト酸5Na、フェノキシエタノール

アヤナス アイクリーム コンセントレート
水、シクロペンタシロキサン、グリセリン、ジメチコン、PEG-10ジメチコン、ジグリセリン、ペンチレングリコール、ジステアルジモニウムヘクトライト、(ジメチコン/ビニルジメチコン)クロスポリマー、PEG-400、PEG-75、水添ポリオレフィン(C6-12)、セラミド2、コウキエキス、オタネニンジンエキス、紅藻エキス、ビルベリー葉エキス、アルギン酸硫酸Na、コンドロイチン硫酸Na、ローズマリーエキス、ニオイテンジクアオイ水、ラベンダー花水、ポリHEMAグルコシド、フィトステロールズ、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、BG、ステアリン酸スクロース、エチルヘキシルグリセリン、パルミチン酸スクロース、オレイン酸ポリグリセリル-2、トコフェロール、セタノール、クエン酸Na、クエン酸、フェノキシエタノール

アヤナス クリーム コンセントレート
シクロペンタシロキサン、水、ジグリセリン、グリセリン、BG、PEG-10ジメチコン、ジメチコン、リンゴ酸ジイソステアリル、ジステアルジモニウムヘクトライト、ワセリン、水添ポリオレフィン(C6-12)、ステアリン酸スクロース、セラミド2、コウキエキス、オタネニンジンエキス、紅藻エキス、ビルベリー葉エキス、アルギン酸硫酸Na、ローズマリーエキス、ニオイテンジクアオイ水、ラベンダー花水、ポリHEMAグルコシド、フィトステロールズ、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、パルミチン酸スクロース、アミノプロピルジメチコン、エチルヘキシルグリセリン、トコフェロール、オレイン酸ポリグリセリル-2、セタノール、クエン酸Na、クエン酸、フェノキシエタノール

モイスチャーライン

◇製造会社:エトヴォス
◇WEB限定500円OFF
◇満足度97.4%
◇評価:3.7/5.0
◇こんな方にお勧め

乾燥が気になる、
肌がごわつく、
化粧のノリが悪い、
きめが粗くなった、
小じわが目立つ、
日焼けした、
くすみが目立つ、
毛穴が気になる。

+ 成分詳細を見てみる

[クリアソープバー]:カリ含有石ケン素地、水、スクロース、グリセリン、ソルビトール、セラミド2、セラミド3、セラミド6Ⅱ、フィトスフィンゴシン、グリコシルトレハロース、ポリクオタニウム-51、加水分解水添デンプン、シロキクラゲ多糖体、トレハロース、スクワラン、デシルグルコシド、ベヘニルアルコール、ステアロイルラクチレートNa、ペンタステアリン酸ポリグリセリル-10、エタノール、クエン酸Na
[モイスチャライジングローション]:水、グリセリン、ラベンダー花水、プロパンジオール、ジグリセリン、BG、1,2-ヘキサンジオール、ホスホリルオリゴ糖Ca、グルコシルセラミド、ヒアルロン酸Na、加水分解ヒアルロン酸、グリコシルトレハロース、加水分解水添デンプン、ポリクオタニウム-51、ヒドロキシプロリン、PCA-Na、乳酸Na、セリン、グリシン、グルタミン酸、アラニン、アルギニン、トレオニン、プロリン、タウリン、ロイシン、バリン、イソロイシン、チロシン、フェニルアラニン、アスパラギン酸Na、リシンHCl、ヒスチジンHCl、イノシン酸2Na、グアニル酸2Na、アラントイン、α-グルカン、ラベンダー花エキス、アロエベラ葉エキス、クズ根エキス、クロレラエキス、キサンタンガム、クエン酸、エチルヘキシルグリセリン、フェノキシエタノール
[モイスチャライジングセラム]:水、グリセリン、ラベンダー花水、BG、1,2-ヘキサンジオール、セラミド1、セラミド2、セラミド3、セラミド5、セラミド6Ⅱ、フィトスフィンゴシン、コレステロール、フィトステロールズ、ヒアルロン酸Na、PCA-Na、セリン、グリシン、グルタミン酸、アラニン、アルギニン、トレオニン、プロリン、タウリン、ロイシン、バリン、イソロイシン、チロシン、フェニルアラニン、アスパラギン酸Na、リシンHCl、ヒスチジンHCl、イノシン酸2Na、グアニル酸2Na、アラントイン、スクワラン、ホホバ種子油、メドウフォーム油、シア脂、アロエベラ葉エキス、クズ根エキス、クロレラエキス、ローマカミツレ花エキス、トウキンセンカ花エキス、ヤグルマギク花エキス、カミツレ花エキス、セイヨウオトギリソウ花/葉/茎エキス、フユボダイジュ花エキス、ベヘニルアルコール、水酸化K、キサンタンガム、カルボマー、水添レシチン、ペンタステアリン酸ポリグリセリル-10、ラウロイルラクチレートNa、ステアロイルラクチレートNa、ラベンダー油、エチルヘキシルグリセリン、フェノキシエタノール
[モイスチャライジングクリーム]:水、シア脂、ステアリルアルコール、グリセリン、マカデミア種子油、ジ(クエン酸/ステアリン酸)ポリグリセリル-3、ペンチレングリコール、ラベンダー花水、ベヘニルアルコール、オリーブ果実油、ステアリン酸グリセリル、BG、セラミド1、セラミド2、セラミド3、セラミド5、セラミド6Ⅱ、フィトスフィンゴシン、コレステロール、フィトステロールズ、ヒアルロン酸Na、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル、トコフェロール、パルミチン酸レチノール、パンテノール、PCA-Na、セリン、グリシン、グルタミン酸、アラニン、アルギニン、トレオニン、プロリン、タウリン、ロイシン、バリン、イソロイシン、チロシン、フェニルアラニン、アスパラギン酸Na、リシンHCl、ヒスチジンHCl、イノシン酸2Na、グアニル酸2Na、アラントイン、テオブロマグランジフロルム種子脂、マカデミアナッツ脂肪酸フィトステリル、ヒマワリ種子油、ラウリン酸メチルへプチル、コーン油、アロエベラ葉エキス、クズ根エキス、クロレラエキス、ローマカミツレ花エキス、トウキンセンカ花エキス、ヤグルマギク花エキス、カミツレ花エキス、セイヨウオトギリソウ花/葉/茎エキス、フユボダイジュ花エキス、ジグリセリン、キサンタンガム、カルボマー、水添レシチン、ペンタステアリン酸ポリグリセリル-10、ラウロイルラクチレートNa、ステアロイルラクチレートNa、ラベンダー油、エチルヘキシルグリセリン、フェノキシエタノール

▼男性(メンズ)ならこちら

◇製造会社:HOLO BELL
◇保存方法:常温
◇使用方法:朝晩1日2回
◇評価:4.6 / 5.0
◇こんな方にお勧め

・異性に好かれるきれいな肌を作りたい。
・お見合いが迫っている。
・ニキビを根本的に改善したい。
・シミやそばかすが気になる。
・営業職なので肌の見栄えを良くしたい。
・若い子とデートがある

+ 成分詳細

水、BG、トリエチルヘキサノイン、メセムブリアンテムムクリスタリヌム液汁、 アセチルヒアルロン酸Na、セラミドNG、セラミドNP、セラミドAP、リンゴ果実培養細胞エキス、サガラメエキス、乳酸桿菌/セイヨウナシ果汁発酵液、乳酸桿菌/ブドウ果汁発酵液、ザクロ果実エキス、プラセンタエキス、アルギニン、パルミチン酸レチノール、パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na、温泉水、ペンチレングリコール、グリセリン、カルボマー、ヒドロキシプロピルメチルセルロースステアロキシエーテル、ベヘニルアルコール、コーン油、ペンタステアリン酸ポリグリセリル-10、ステアロイルラクチレートNa、イソステアリン酸フィトステリル、キサンタンガム、トコフェロール、レシチン、水酸化Na、フェノキシエタノール

・セラミドが多く生成されるための運動や生活習慣

さて、セラミドの効果を高めるために運動や生活習慣に気を使う必要があります。ターンオーバー(角化)を促すためにはジョギングなどの軽い有酸素運動が必要になります。食生活も脂肪分を控えましょう。

肌のダメージを軽減するために洗顔時は強くこすることは避けまた、お風呂も高温を避けるようにしましょう。

セラミドの効果を高めることはほかの成分の効果を高める生活習慣や運動方法とほぼ類似しているので、簡単にいえば教科書に載っているような「健康的な生活を送る」ことが重要です。

簡単にできることはこんにゃくを普段より多くとることととお風呂の温度を1度くらい下げてみるといったところでしょうか。

・丸々でUV対策したが防ぎきれなかった場合

UVケアをしたにもかかわらず防ぎきれなかった場合はビタミンCを活用することになります。ビタミンCの効果の1つとして肌の抗酸化作用とメラニン色素の抑制や排出があるため高濃度ビタミンCを含む化粧品を活用しましょう。

なのでお肌のトータルケアが必要になります。例を言えばセラミドは外部的なものから肌を守り、ビタミンCは内部的に肌の機能を高めると言ったところです。

▼もし気になるのであればこちらの記事もあります。▼

最後に

今回は肌のバリア機能として作用するセラミドについて話しました。

セラミドの種類やセラミドを最大限活かす方法に関して説明しました。

皆様の肌が本質的に改善できるよう比較し選さして本当に必要なことに関して絞った内容の話ができたと思います。

以上

-スキンケア, 美白
-,

Copyright© Happytimes , 2021 All Rights Reserved.